FAMILLE HAIR

幹細胞・体の仕組み、再生医学について

HOME

>

幹細胞・体の仕組み、再生医学について

体の仕組み

体の仕組み

幹細胞は、皮膚の基礎である線維芽細胞へ直接はたらきかけます。

加齢によって徐々に減少していく、お肌の弾力、ハリ、ツヤを
線維芽細胞(ヒアルロン酸、コラー ゲン、エラスチン)に
直接アプロ ーチすることで、肌が本来持っている自らの力を引き出します。

幹細胞とは

ヒトの体は、約60兆個の細胞からできていますが「間葉系 幹細胞」は
その中でも「細胞を生む」ことを役割とした細胞です。

幹細胞は傷ついたり、古くなった細胞を入れ替えたり 
病気やケガで失われた細胞を新しく補充する役割を担っており
目的に応じた細胞に変化する優れた能力を持ってい ます。

幹細胞とは
再生医学について

再生医学について

生き物には、成長に不可欠な組織をつくる幹細胞が存在していま す。
幹細胞は、 増殖や分化などを繰り返すことで組織を生成します。
元々、「失われた人体の 機能を復旧させる」という再生医療の目的で使われ始めました。

現在では、美容分野でも使用されるようになり
「肌老化の根本的な原因である、 細胞の衰えを改善し肌 を再生する療法」として、
注目を集めております。

再生医学について